必ず必要なもの


●パーツの切り取り

ニッパー(できれば薄刃)
主な用途:
パーツの切り外し

ゲート処理に欠かせないものです。プラモデル専用の高価なニッパーをオススメします。


カッティングマット

主な用途:工作するときにしたにひいて汚れや傷を防止する

100円ショップの製品や安いマット等でも十分です。


アートナイフorデザインナイフ

主な用途:パーツの加工、成形、切り出し



●くっつける

接着剤(プラモデル専用)

主な用途:パーツの接着

プラモデル専用のものを準備してください。


瞬間接着剤(プラモデル専用)

主な用途:プラスチックパーツ以外のパーツの接着

細かいパーツを扱うことが多いので、プラモデル専用の瞬間接着剤をオススメします。



●加工する

紙やすり(フィニッシングペーパー)

主な用途:パーツの加工、成形

プラモデル専用のものが望ましいです。

番号があるので、各種揃えましょう。


ヤスリ

主な用途:パーツの加工、成形

安価で良いものが市販されているので。プラモデル専用でなくても十分です。ただし、ゲートの処理等時間をかけてキレイに処理されたい方はプラモデル専用の物をオススメします。


ピンセット

主な用途:パーツの切り出し、成形、加工、製作の一連した作業

プラモデル専用の物をオススメします。ただし、安価な市販されている商品でも十分だと思います。ピンセットに関しては、ご自身が使ってみてしっくりくるかどうか色々と試す必要があるようです。



●塗装する

ブラシ(筆)

主な用途:パーツの塗装

ブラシが大きいものから小さいものまで、複数そろえておくと良いでしょう。できれば毛が抜けにくい筆を選びましょう。


うすめ液

主な用途:パーツの塗装、洗浄、塗料の保管

うすめ液は、様々な場面で活用されます。塗料によってはうすめ液が必需品のものもあります。また、塗料が固まらないようにうすめ液で洗浄・維持する必要があります。また、塗装後の筆の洗浄にも使用できます。


エアブラシ

主な用途:パーツの塗装

すべて筆で塗装する場合は、必要ありません。


パレット

主な用途:パーツの塗装、筆の洗浄

安価な製品、使い捨てのパック、小分けにされたケース、食べ終わったプラスチックのケースなど代替品も多数あります。また、パレットとあわせて筆入れも準備したほうが良いでしょう。


あったらいいもの


パテ

主な用途:パーツの加工、成形

パーツを破損させてしまったり、パーティングラインを処理する際、ゲート処理を失敗した際に主に使用します。初心者には難しいと思いますが、パーツを破損させてしまった場合はパテを使うしかありませんので、揃えておく必要があります。


爪楊枝

主な用途:パーツの成形

細かい調整やゴミを除去する際に使用します。


マスキングテープ

主な用途:パーツの塗装

パーツを塗装する際、色を塗らない部分をマスキングテープで覆います。テープの部分を塗っても色はつきませんので、比較的大きなパーツを塗装する際に使用します。テープの幅にも種類があります。


ピンバイスor電動ハンディドリル

主な用途:パーツの成形、加工

パーツに穴をあける際に使用します。無くても製作上は問題ありません。(製品によります)


ドリルの刃

主な用途:パーツの成形、加工
※ピンバイスに装着して使います。